デジタルサイネージ動画とは?デジタルサイネージのメリットと制作のポイントを解説します。

「デジタルサイネージって効果があるの…?」
「動画制作のポイントが知りたい!」

デジタル看板・電子看板とも呼ばれるデジタルサイネージ。鮮やかで人の目につきやすいため、広告や情報発信のためにさまざまな場所で活用されています。

しかし、デジタルサイネージを使用したことのない方は「本当に宣伝効果があるの…?」と疑問に思うこともあるのではないでしょうか。

そこで今回は、デジタルサイネージのメリットを具体的に解説していきます!さらに動画制作のポイントも解説しますので、ぜひ自社商品のPRにお役立てください。

デジタルサイネージとは

デジタルサイネージとは、「動画を使用したデジタル看板」のことです。駅やバス停、店舗などにディスプレイを設置し、映像や音声を流して情報を発信します。

動く映像は人の目につきやすいため、多くの人に見てもらいやすいメリットがあります。

デジタルサイネージの種類

  • スタンドアロン型
    USBやSDカードに保存したデータをモニターに表示するタイプ
  • ネットワーク型
    インターネット回線を使用して動画を表示するタイプ
  • インタラクティブ型
    見ている人が、タブレット端末のようにタッチして好みのコンテンツを選べるタイプ

種類によってデータの管理方法が異なるので、設置場所に合わせてタイプを選ぶことになります。

デジタルサイネージ動画のメリット

デジタルサイネージに馴染みがないと、「どんなメリットがあるの?」と気になることもあると思います。
まずはメリットからチェックしていきましょう。

視認性が高い場所へ設置可能

デジタルサイネージは以下の理由により、たくさんの人に見てもらいやすい特徴があります。

  • 駅の構内や街頭などの、「人が集まり、目に入りやすい場所」に設置できる
  • 「動き、光り、音声」でアピールするため、目にとまりやすい

人には、動いているものを見てしまう習性があります。電車に乗ったときに、ついつい動画広告を見てしまった経験がある方も多いのではないでしょうか。

デジタルサイネージを利用すれば看板・ポスターよりも目立つ広告を出稿できるので、自社商品の認知度を上げやすくなります。

静止画より動画の方が理解されやすい

動画は内容を理解しやすいのもポイント。アニメーション・字幕・音声で伝えられるため、広告の前を通り過ぎるわずかな時間だけでもパッと内容を理解できます。

また、ポスターなどの静止画と比べると、デジタルサイネージは「動く広告」のため表現の幅がぐんとアップ。商品の魅力がより伝わりやすくなるでしょう。

ターゲットを絞りやすい

デジタルサイネージは、ターゲットに合わせた場所にピンポイントで出稿が可能です!

たとえば高校生向けの商品をPRしたい場合、以下の場所が効果的でしょう。

  • 高校付近にあるバス停
  • 高校生が多い駅の構内

このようにPR商品のターゲットがたくさん通る場所に設置すれば、大幅な宣伝効果が期待できます。

時間や曜日を指定できる場合もある

動画を流す時間帯や曜日を指定できるのもポイントです。
たとえば飲食店なら、以下のように設定するとよいでしょう。

曜日時間帯広告の内容
平日会社員向けランチ
会社帰りに食べられるチョイ飲みメニュー
休日家族向けランチ
大人数で楽しめるおつまみメニュー

平日の夜は帰宅途中の会社員が多い時間帯。疲れた会社帰りに、気軽に食べられるおつまみメニューの動画が目に入れば、「ちょっと寄っていこうかな?」と思う人も多いでしょう。

このように時間帯や曜日に適した動画を設定することで、効率的に広告をアピールできるようになります。

デジタルサイネージで動画を制作するポイント

ここからは、効果的な動画を作るためのポイントを解説していきます!

配信先と目的を決める

動画制作に入る前に、配信先を決めておきましょう。

テレビCMのような不特定多数の場所で流れる広告とは異なり、デジタルサイネージは設置した場所に限り効果を発揮します。そのため、どこに設置するかを先に決めておき、視聴者に刺さるような動画作りを行うのがポイントです。

また、デジタルサイネージを出稿する目的も最初に決めておきましょう!ゴールがぶれてしまうと、せっかく動画を作ったのに期待していた効果が得られないことがあるからです。

まずは目的を明確にし、ゴールを達成できるような動画を作るようにしましょう。

ターゲットを絞る

不特定多数の人が見るデジタルサイネージは、ターゲットを絞るのが重要です。誰に向けて発信しているのか曖昧なまま作ってしまうと、結局は誰にも刺さらない広告になってしまう可能性があります。

人物像を絞るときは、以下の項目を考えてみてください。

  • 年齢
  • 性別
  • 生活環境

ターゲットを明確にし相手の心に刺さるような動画を作成すれば、宣伝効果の高いコンテンツが作れるでしょう。

訴求ポイントを明確にする

デジタルサイネージを作る際は、訴求ポイントを明確にしましょう。

訴求ポイントをしっかりと作れば、動画を見たあとに「この商品いいな。店舗に行ってみよう!」「気になるからネットで調べてみようかな?」などのアクションを促すことができます。

シナリオを制作する

魅力的な動画を作るためには、シナリオをしっかりと作るのがポイントです。

シナリオとは、動画を制作する際の設計図のようなもの。漠然とした動画のイメージを具体化し、文章に起こしていきます。

シナリオを元に、「どんな流れにするか」「どう演出するか」を検討していきましょう。

デジタルサイネージの掲載場所

デジタルサイネージは普及が進み、さまざまな場所に設置されるようになりました。

ここからは、デジタルサイネージの活用例を3つご紹介します。

電車内の液晶モニター

電車内のドア上部には、デジタルサイネージが2つ横並びで設置されることが増えています。動きのある広告となるため目に入りやすく、視聴率も高くなる特徴があります。

ショッピングモールの柱や外壁

ショッピングモールの柱や外壁を利用したデジタルサイネージは、多くの施設で活用されています。ショッピングモールに来店している顧客は購買意欲が高いため、効率よくアプローチできるメリットがあるでしょう。

デジタルサイネージの制作は15秒動画製作所へ

デジタルサイネージは、一度設定すれば無人で営業が可能で、自動で見込み客を集客してくれる広告ツールです。

ターゲットに合わせた訴求ができるため、効果的なPRを行いたいときはデジタルサイネージを活用してみましょう!

ただし効果を最大限に発揮するためには、本記事でご紹介した制作ポイントをおさえることが大切になってきます。

もし、「動画作りが初めて」「効果的な動画を作れるか不安がある」という方がいましたら、ぜひ15秒動画製作所へご相談ください。

広告に特化したクリエイターとマーケティングのプロが、納得のいく動画作りをサポートさせていただきます。

気になること、ご相談したいことがありましたら、お気軽に15秒動画製作所までお問い合わせください。